FX相場にスキャル手法はどこまで通用するのか? 毎日検証中!

■2010年1月に口座残高10万円でスタートし、独自の10秒足スキャルピング手法でどこまで増やせるかチャレンジ中! 負ける日も多々ありますが、今のところトータルではどうにか増えてます!

※基本的に、ドル円・10万通貨単位で取引。口座残高は複数口座の合計金額。このブログで結果報告しているトレードのほとんどは、10秒足スキャル法でエントリー。ブログ開始前の数ヶ月間は、無料でできる最強のスキャル特訓法で猛特訓しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近はスプレッドが狭い業者も多くなってきましたが、
中には信頼性にかける悪質な業者もあります。

とりあえず、現在のところ、比較的利用者が多く、
ユーザーから一定の評価を得ている業者を10個ほど
あげるとしたら、こんな感じです。

※()はドル円のスプレッド


■DMM.com証券(0~0.8)
■外為オンライン(1)
■EMCOM証券(0.7)
■ライオンFX(0~1)
■MJ(0~0.8)
■FXオンラインジャパン(0.9)
■クリック証券(0.8)
■フォレックストレード(0.8)
■FXTS(0.5)
■トレイダーズ証券(0~1)
■サイバーFX(1)


もちろん、このリストにないから、悪い業者ということでは
ありません。あくまで、私の個人的な意見です。
スポンサーサイト
スプレッドとは売値と買値の差のことで、この差が狭いほど、低コストでの取引ができます。
取引量が多いメジャー通貨はスプレッドが狭く、逆にマイナー通貨はスプレッドが広がりやすい
ので、スキャルをするならば、ドル円やユーロドルなどが有利でしょう。

通常、スプレッドは市場の状況により変化します。
取引量が多い時間帯ほどスプレッドは狭くなり、取引量が少ない時間帯ほどスプレッドは
広がります。
指標発表時などには、大きくスプレッドが広がる業者もあるので、タイトなストップを
置いていると、それだけで刈られてしまうことがあるので注意が必要。

その点、以下の業者は、スプレッドの幅が原則固定となっているので、お勧めです。

■DMM.com証券
■MJ
■トレイダーズ証券
■EMCOM証券
■外為オンライン
■FXオンラインジャパン
■クリック証券
■フォレックストレード
スキャルは数PIPSを抜くトレードを何回も繰り返しますので、全く同じ取引をしても、
使用する業者によって利益に大きな差が出ます。

スキャルをするためには、最低限以下の条件を満たした業者が必要です。


①スプレッドが狭いこと(USD/JPYなら1PIPS以下)

②手数料が無料であること

③約定能力が高いこと


もはや①や②は常識といえますが、意外と見落とされがちなのが③です。
いくらスプレッドが狭くても、見えている価格で約定しなければ意味がありません。
約定拒否されたり、滑って約定するようでは、安心してスキャルができません。


ネットの掲示板などでは、実際に使っている人の感想もありますので、
参考にしたほうがいいです。

ただし、掲示板の情報には自作自演や他業者の妨害などもあるようで、
書かれていることをそのまま鵜呑みにしてはいけません。

一番よいのは、気になる業者の口座をかたっぱしから開設してみて、自分の目で
確かめてみることです。

どれか1社の口座だけだと、万が一サーバーダウンなどをした時に、取引できな
くなる可能性がありますが、複数の業者に口座を開設しておけば大丈夫です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。