FX相場にスキャル手法はどこまで通用するのか? 毎日検証中!

■2010年1月に口座残高10万円でスタートし、独自の10秒足スキャルピング手法でどこまで増やせるかチャレンジ中! 負ける日も多々ありますが、今のところトータルではどうにか増えてます!

※基本的に、ドル円・10万通貨単位で取引。口座残高は複数口座の合計金額。このブログで結果報告しているトレードのほとんどは、10秒足スキャル法でエントリー。ブログ開始前の数ヶ月間は、無料でできる最強のスキャル特訓法で猛特訓しました。
【使用するインジケーター】MACD、ストキャスティクス、STC、ADX

【使用する時間軸】15分足、1分足

【エントリー条件(ロングの場合)】

①15分足で、MACDがゴールデンクロス、ストキャスティクスがゴールデンクロス、
STCが上昇を始めたら、エントリーの準備。
   
※ただし、ADXが20以下の場合はレンジ相場の可能性が高いので、エントリーを見送る。
できれば、ADXが20以上で上昇中であることが望ましい。

②1分足でも、①と同じくMACDがゴールデンクロス、ストキャスティクスがゴールデンクロス、
STCが上昇を始めたらエントリー。

③利益確定は、STCが下降を始めた時。

④思った方向へ動かない場合は、できるだけ早く損きりすること。

ショートの場合は、上記と反対の条件でOK。
スキャルでなくても、1時間足と15分足、4時間足と1時間足などの組み合わせでも同じ考え方でエントリーできる。