FX相場にスキャル手法はどこまで通用するのか? 毎日検証中!

■2010年1月に口座残高10万円でスタートし、独自の10秒足スキャルピング手法でどこまで増やせるかチャレンジ中! 負ける日も多々ありますが、今のところトータルではどうにか増えてます!

※基本的に、ドル円・10万通貨単位で取引。口座残高は複数口座の合計金額。このブログで結果報告しているトレードのほとんどは、10秒足スキャル法でエントリー。ブログ開始前の数ヶ月間は、無料でできる最強のスキャル特訓法で猛特訓しました。
スキャルは数PIPSを抜くトレードを何回も繰り返しますので、全く同じ取引をしても、
使用する業者によって利益に大きな差が出ます。

スキャルをするためには、最低限以下の条件を満たした業者が必要です。


①スプレッドが狭いこと(USD/JPYなら1PIPS以下)

②手数料が無料であること

③約定能力が高いこと


もはや①や②は常識といえますが、意外と見落とされがちなのが③です。
いくらスプレッドが狭くても、見えている価格で約定しなければ意味がありません。
約定拒否されたり、滑って約定するようでは、安心してスキャルができません。


ネットの掲示板などでは、実際に使っている人の感想もありますので、
参考にしたほうがいいです。

ただし、掲示板の情報には自作自演や他業者の妨害などもあるようで、
書かれていることをそのまま鵜呑みにしてはいけません。

一番よいのは、気になる業者の口座をかたっぱしから開設してみて、自分の目で
確かめてみることです。

どれか1社の口座だけだと、万が一サーバーダウンなどをした時に、取引できな
くなる可能性がありますが、複数の業者に口座を開設しておけば大丈夫です。